FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aff32blog.blog41.fc2.com/tb.php/349-3d5c942c

-件のトラックバック

-件のコメント

[C690] 30代,40代の転職はエコツーリズムで息抜き

エコツーリズムとは、訳すと「環境観光」と呼ばれ、余暇活動の旅を通じて、環境保護と地元の経済発展を両立させようという考え方 http://chat.sentesag.com/

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

神道

神道
神道(しんとう)とは、日本の民俗的な信仰体系であり、日本固有の多神教の宗教である。
日本列島に住む民族の間に自然発生的に生まれ育った伝統的な民俗信仰・自然信仰を基盤とし、豪族層による中央や地方の政治体制と関連しながら徐々に成立した。神道には明確な教義や教典がなく、『古事記』『日本書紀』『古語拾遺』『宣命』などといった「神典」と称される古典を規範とする。森羅万象に神 (神道) 神が宿ると考え、天津神・国津神や祖霊を祀り、祭祀を重視する。浄明正直(浄く明るく正しく直く)を徳目とする。他宗教と比べて、現世主義的であり、性善説的であり、祀られるもの(神)と祀るもの(信奉者)との間の連体意識が強い、などといった特徴が見られる。
  

関連用語
神道文化学部
『國學院大學』より : ふりがな=こくがくいんだいがく
英称=Kokugakuin University
大学設置年=1920年
創立年=1882年
学校種別=私立
設置者=学校法人國學院大學
本部所在地=東京都渋谷区東1-10-28
キャンパス=渋谷(東京都渋谷区)たまプラーザ(神奈川県横浜市青葉区)
学部=文学部経済学部法学部神道文化学部
研究科=文学研究科法学研究科経済学研究科法務研究科
大学の略称=國學大(国学大)もしくは國大(国大)
ウェブサイト=http://www.kokugakuin.ac.jp/
神道の研究・教育機関であった皇典講究所(こうてんこうきゅうじょ)を母体とした大学で大学令によって大学として認可された最初の私立大学の一つである。
國學院大學には神社本庁の神職の資格が取れる神職課程がある。大学でこの資格を取得できるのは國學院大學と皇學館大学だけである。
  
神道天行居
神道天行居(しんどうてんこうきょ)は、友清歓真(ともきよ よしさね)によって創始された古神道系の新宗教団体。本部は、山口県熊毛郡 (山口県) 熊毛郡田布施町の石城山の麓。
他宗教でいう信者を”同志”、教師を”道士”と呼ぶ。
本田霊学を開いた本田親徳、幽冥界に往来したという宮地堅磐 宮地水位、友清に太古神法を伝えた堀天龍斎、その堀天龍斎に太古神法を伝えた沖楠五郎、吉野山から登仙した山中照道を天行居の先達としている(天行居に直接関係したのは堀天龍斎のみだが)ように、天行居の教義のうち、霊魂観は本田親徳の、幽冥観は宮地水位のものである。
『古事記』、『日本書紀』、『古語拾遺』などと、宮地水位が著した『異境備忘録』、1946年(昭和21年)に本部で定めた『山規七規』、友清が1927年(昭和2年)に日常の生活心得を27ヵ条で記した『信条』を教典としている。その他の友清の著作については、天行居の機関誌『古道』に随筆風に書いた記事を集めたものが多く、全体に統一性があるのは『霊学筌蹄』、『天行林』、『古神道祕説』などの初期のものしかない中で、昭和4年の友清の講演が収められた『神道古義』、友清が晩年に自らの信念を密かに記した『信白文艸藁』を重視している。
  
神道無念流剣術
神道無念流剣術(しんとうむねんりゅうけんじゅつ)は、福井嘉平(福井兵右衛門)によって創始された剣術の流儀。抜刀術 居合も含むが、実際に居合も学んだ者は極めて少なく、免許皆伝に至った者でも大部分は剣術のみ修行した者であった。
福井嘉平は下野国 下野出身で一円流を修行し、廻国修業の途中、信濃国 信州の飯縄神社 飯綱権現に参篭し、神道無念流を開いたと伝えられる。
第2代の戸賀崎暉芳(戸賀崎熊太郎)、第3代の岡田吉利(初代・岡田十松)の頃から広まり、岡田吉利は「撃剣館」という道場を開いた。岡田吉利の弟子に、鈴木重明(鈴木斧八郎。のちに鈴木派無念流を開く)や斎藤弥九郎 斎藤善道(初代・斎藤弥九郎)がいる。岡田吉利以後は、吉利の子・岡田吉貞(2代目・岡田十松)が第4代となった。
  
神道無念流
『神道無念流剣術』より : 神道無念流剣術(しんとうむねんりゅうけんじゅつ)は、福井嘉平(福井兵右衛門)によって創始された剣術の流儀。抜刀術 居合も含むが、実際に居合も学んだ者は極めて少なく、免許皆伝に至った者でも大部分は剣術のみ修行した者であった。
福井嘉平は下野国 下野出身で一円流を修行し、廻国修業の途中、信濃国 信州の飯縄神社 飯綱権現に参篭し、神道無念流を開いたと伝えられる。
第2代の戸賀崎暉芳(戸賀崎熊太郎)、第3代の岡田吉利(初代・岡田十松)の頃から広まり、岡田吉利は「撃剣館」という道場を開いた。岡田吉利の弟子に、鈴木重明(鈴木斧八郎。のちに鈴木派無念流を開く)や斎藤弥九郎 斎藤善道(初代・斎藤弥九郎)がいる。岡田吉利以後は、吉利の子・岡田吉貞(2代目・岡田十松)が第4代となった。
  
神道用語一覧
神道用語一覧は、神道に関する用語の一覧である。
神々や神社については日本の神の一覧、神社一覧を参照。
相殿 - 葵祭 - アニミズム - 天津神 - 天津罪 - 天津社 - 現人神 - 荒魂 - 伊勢神道 - 一宮 - 忌火 - 磐座 - 宇佐鳥居 - 氏神 - 産土神 - 絵馬 - 絵馬堂 - 延喜式 - 大嘗祭 - 大麻 (神道) 大麻 - 奥宮 - 御旅所
神楽 - 神楽殿 - 賢所 - 拍手 (神道) 拍手 - 官社 - 元旦祭 - 官幣社 - 神戸 - 神奈備 - 勧請 - 神嘗祭 - 神主 - 紀元祭 - 紀元節 - 祈年祭 - 宮中三殿 - 教派神道 - 宮司 - 国津神 - 国津罪 - 国津社 - 国造 - 境内 - 境内社 - 穢れ - 外宮神道 - 外陣 - 賢所 - 合祀 - 郷社 - 皇霊殿 - 護国神社 - 国学_(学問) - 国造 - 国内神名帳 - 国幣社 - 古事記 - 御神体 - 御神宝 - 国家神道 - 言霊 - 狛犬 - 御霊信仰 - 権現 - 権宮司 - 権正階 - 権禰宜
  
神道流
『天真正伝香取神道流』より : 天真正伝香取神道流(てんしんしょうでんかとりしんとうりゅう)は、今から約六百年前に飯篠家直 飯篠長威斎家直によって創始された武術流儀で、兵法三大源流の一つ。神道流、香取神道流とも呼ばれる。古い伝書では香取新当流となっているものもある。なお正式名称は天眞正傳香取神道流、国語国字問題 漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)により現表記となる。
※神道夢想流杖術の併伝武術として伝えられている剣術も神道流という名称だが、上記の神道流とは別系統のものである。
伝承されている技術は剣術、居合、柔術、棒術、槍術、薙刀術、手裏剣術等である。
打太刀と仕太刀が何度も何度も技を繰り出し合うという独特な長い形を数多く持つ。
  
神道十三派
『教派神道』より : 教派神道 (きょうはしんとう) とは、神道十三派(しんとうじゅうさんぱ)に代表される神道系新宗教教団のことである。
神道十三派とは、戦前に政府から宗教団体として公認されていた、以下の13の神道系教団のことである。「教派神道」と言う場合は、神道十三派を指すことが多い。
出雲大社教
御嶽教
黒住教
金光教
實行教
神習教
神道修成派
神道大教
神理教
扶桑教(「扶」ではなく正しくは木へんに夫と書く、枎桑教)
禊教(正式には「示」へんではなく「ネ」と書く)
大成教
天理教
  
神道夢想流杖術
神道夢想流杖術(しんどうむそうりゅうじょうじゅつ)は、杖術の流派のひとつ。流祖は夢想権之助勝吉(正しい表記は、夢想(本姓は山本)權之助勝吉)。現在は一達流捕縛術、一角流十手術、一心流鎖鎌術、中和流短剣術が併伝されている。
『海上物語』と『二天記』では、夢想権之助は宮本武蔵に敗れたとされているが、当流の口伝では、後日に権之助が宝満山の竈門神社で祈願し杖術の研究を重ね、再び武蔵と立会い、ついに破った後に開いたと伝える。道歌に「”疵つけず 人をこらして戒むる ?えは杖の ほかにやはある”」(平野国臣 平野國臣)とある。
事あるときに杖に装着するための袋槍の穂先を携帯していた者もいたという。
  
神道章
『宗教章』より : 宗教章(しゅうきょうしょう)とは、ボーイスカウトにおける各宗教への信仰の深さを示す章。ボーイスカウト日本連盟においては、公式に5種類設定されており(神道章、仏教章、キリスト教章、金光教章、世界救世教章)、また富士章課題の一つにもなっている。宗教章を取得すると、胸章と、その略章が授与される(左胸ポケットの上方に着用)。海外では、宗教章をより細かに設定している連盟もある(例えば、キリスト教は各宗派別に章を設定する、など)。
登録完了のボーイ1級以上のスカウトであること。
自分の所属している教宗派の歴史と教えを知ること。
自分の所属している教宗派の宗教行事について知ること。
  
神道天心流
神道天心流(しんとうてんしんりゅう)は、上野貴が家伝の神道天真流を核に、空手、中国武術 中国拳法、他流の柔術や骨法などの技を加え、戦前に開いた日本武術の流派。戦後は、流名に含んでいる「神道」が連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)による神道指令を抵触する恐れがあったので天心古流と改称した。当流では各武術の総称として拳法と称する。
上野貴は杖術に優れ、他流から「上野の杖」と恐れられていたが、優れた技は流派や他国の武術にこだわることなく訪ねていき、学んだ。
小西康裕(神道自然流 神道自然流空手術開祖)、船越義珍(松濤館流 松濤館流空手道開祖)、摩文仁賢和(糸東流 糸東流空手道開祖)などの空手家と交流をもち、摩文仁賢和は実際に神道天心流を学び、空手と併習することを門弟にも勧めた。
  
神道指令
神道指令(しんとうしれい)とは、1945年(昭和20年)12月15日に連合国軍最高司令官総司令部 GHQが政府に対して発した覚書(国家神道、神社神道ニ対スル政府ノ保証、支援、保全、監督並ニ弘布ノ廃止ニ関スル件)の通称である。
覚書は信教の自由の確立と軍国主義の排除、国家神道を廃止し政教分離を果たすために出されたものである。
当初は政教完全分離を目指していたが、1949年(昭和24年)を境に適用条件が大幅に緩和された。
国家神道
連合国軍最高司令官総司令部
神道 しんとうしれい
昭和時代 しんとうしれい
大東亜戦争 しんとうしれい
  
神道殺活流
神道殺活流骨法体術(しんとうさっかつりゅうこっぽうたいじゅつ)とは、骨法の流派のひとつ。現在は伝承されていない。整体 整体法の南條式変形徒手矯正療法(南條式療法)の母体となったとされる日本武術である。
南北朝時代 (日本) 南北朝時代より始まる、伯耆国 伯耆の羽衣石城主であった南條氏の子孫と伝えられる南條元続より始まる。元続は、南條家の家伝の骨法に、明 明国の武人から学んだ術技を加え、神道殺活流を開いたとされる。(明国の武人の氏名や武術名は不明)
骨法体術以外に活法を含んでいた。昭和に至り南條禎成(1906年 -1981年)が、この活法をもとに、経絡治療やカイロプラクティックなどの理論を採り入れ、南條式変形徒手矯正療法を大成した。
  
神道霊学
神道霊学(しんとうれいがく)は、「日本が太古以来、最も尊い霊的伝統を保っている」という前提のもとに、神道の立場から、
霊的世界を研究する事で、人間の本質と人間の存在の真の意味を明らかにする。
人間の能力の増進を霊的方面から達成。
上記の目的を達成するためのものである。
江戸時代の国学者である平田篤胤の幽冥界についての研究が先駆をなした。
神道 しんとうれいかく
神秘学 しんとうれいかく
  
神道集
神道集 (しんとうしゅう) は、日本の中世の説話集・神道書。
安居院唱導教団の著作とされ、南北朝時代 (日本) 南北朝時代中期に成立したとされている。全10巻。
神社の縁起を中心としつつ、本地垂迹説に基づいた神仏に関する説話が載っている。
神道の文献 しんとうしゆう
神仏習合 しんとうしゆう
説話 しんとうしゆう
Shintoshu
  

楽天関連商品
〈神道〉のこころ
商品画像
著者:葉室頼昭出版社:春秋社サイズ:単行本ページ数:213p発行年月:1997年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)春日大社宮司、人生を語る。西洋医学の医学者が、東洋の医学を学び、やがて、神道への道を歩む?。波瀾万丈の半生を語りつつ、「本当のこと」に目覚め、生きることの大切さを切々と説く、珠玉の随想集。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 医者…
精神道入門
商品画像
こんな私も修行したい! 著者:小栗左多里出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2004年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)写経・座禅・滝・断食・お遍路・内観etc.ヘタレな著者の体験ルポ。【目次】(「BOOK」データベースより)瞑想/写経/座禅/滝/断食/お遍路/内観【著者情報】(「BOOK」データベースより)小栗左多里(オグリサオリ…
仏教・神道・儒教集中講座
商品画像
徳間文庫 著者:井沢元彦出版社:徳間書店サイズ:文庫ページ数:247p発行年月:2007年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)世界の宗教では、神に帰依するのが当たり前にもかかわらず、日本は日本人に都合が良いように神を作り変えてきた。宗教比較により、そんな日本人の特殊性の原因、日本が中国・韓国に嫌われる理由を明らかにする、大人気宗教講座の第2弾。【目次】(…
神道がよくわかる本
商品画像
PHP文庫 著者:阿部正路出版社:PHP研究所サイズ:文庫ページ数:239p発行年月:2004年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)初詣、成人式、七五三、長寿のお祝い…。これらの行事のルーツをたどると、神道に深く関わっていることは、あまり知られていない。神社への参拝ひとつ取っても、柏手の正しい打ち方を知らない人や、祀られている神様がどんな神様かを知らずに…
日本人なら知っておきたい神道
商品画像
神道から日本の歴史を読む方法Kawade夢新書 著者:武光誠出版社:河出書房新社サイズ:新書ページ数:217p発行年月:2003年07月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)しきたり、風習、そして、ものの感じ方…私たちの生活には、神道が広く関わっている。また、神社の存在や冠婚葬祭、年中行事は、神とともに生きてきた日本人の心を物語るものである。古代以来、日本は何ゆ…


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://aff32blog.blog41.fc2.com/tb.php/349-3d5c942c

0件のトラックバック

1件のコメント

[C690] 30代,40代の転職はエコツーリズムで息抜き

エコツーリズムとは、訳すと「環境観光」と呼ばれ、余暇活動の旅を通じて、環境保護と地元の経済発展を両立させようという考え方 http://chat.sentesag.com/

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

affblog

Author:affblog
FC2ブログへようこそ!

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。